介護日記

こまぶろ介護日記|2018年12/02~の週

大福は1つ?それとも2つ? 12/2

先日、妻のFkちゃんと二人で「みりん」を買いに行き、母に「栗きんとん大福」を届けた後日談になります。

母はサ高住で、仲良しさんができたようです。

 

 

時々、母の話の中にこの仲良しさん(Nさん)の話もよく登場するようになりました。

人柄もよさそうな方らしく、お互いの部屋を行き来して家族からもらったお菓子なども、時々わけっこして(私の住んでる地域では「も~やっこ」と言いますが)食べたりもしているようです。

まぁ、仲の良い友達ができたのは良いことで息子の私としても嬉しい限りです。

Nさんから、このまえお菓子を頂いたと聞いていましたので、今回は「栗きんとん大福」を2つ買って母に届け「Nさんと、も~やっこして食べや~よ」と言い残してきたのです。

それから数日して母のところに行ったときに

私「この前の栗きんとん大福、美味しかったかなぁ?」

母「めちゃくちゃ美味しかったよぉ!!」

私(ほほぉ・・・  何より何より!)

 

 

私「どうだった? Nさんも喜んでくれたかな?」

母「もらった次の日は、Nさん、デイサービスの日でおらんかったから、大福あげとらんがね」

私「あらま! じゃ2つ食べちゃったのかな?」

母「ちがうよ~ 1つしかなかったがね」

私(変だぞ・・・ 間違いなく2つ買って、冷蔵庫に2つ入れといたのにな・・・)

私「そうなんだね~ だけど美味くてよかったよね」

母「うん! 美味しくてよかった~」

さて、母が大福を二つ食べたのは間違いなさそうですが、うそをついているわけではなさそうです。

てことは・・・ 2つ食べたのに、1個しか食べてないと思い込んでる?

喜んでくれたからヨシとして母のところを後にしましたが、いろいろな意味で気を付けてあげなきゃいけないな・・・と。

ちょっと心配な気持ちで帰路につきました。

 

こまめ

 

 

 毎日が忙しいらしい・・・って? 12/4

私の母は、週に一回デイサービスのお世話になっています。

スタッフの方々も、優しくて良い人ばかり!

母はとても気に入っています。

建物は広々として、気持ちいいそうです。

お風呂も広く、スタッフの方が頭を洗ってくれて、背中も流してくれて。

母の言葉を借りると「すっごく、イイとこ!」だそうです

私 「へぇぇ。 すごく気に入ってるね、よかったね~」

母 「うん!」

私 「そんなに楽しいのなら、週に2回行けるみたいだから、もう一回行かない?」

母 「・・・ むり」

私 「へ!?  なんで?」

母 「週に2回も行けるほど暇じゃないからね」

私 「い・そ・が・し・い・の ❓❓❓」

母 「うん」

私 「いそがしいのか~  そりゃデイサービスなんか行ってられないよね?」

 

まぁ、こんなやりとりがありまして・・・

 

よく聞くと、

朝起きて
顔を洗って
朝食食べて
部屋に戻ってテレビ見て
お昼ご飯食べて
部屋に帰ってテレビ見て
お昼寝して
夕ご飯を食べて
部屋に戻ってテレビを見て
(部屋のお風呂はあまり入らないらしい)

で。寝る!!

 

このペースを崩すのは、週に一度のデイサービスでイッパイイッパイらしいのです。

そりゃ、週に2回もデイサービスに行けんわな ((´∀`*))💛

毎日を楽しむのがイチバンということで

メデタシメデタシ

こまめ

 

自慢は32本!  12/6

母の自慢は89歳になっても、親知らずを含めて、まだ歯が32本残っていることです。

しかも虫歯「0」!!!

こればっかりは、スゴイ

 

息子の私は、歯はまだ全部残っていますが情けないことに治療跡がいっぱい!

いまさら取り戻すことはできないのですが、毎日の積み重ねでしょうね~

母は物忘れなどがかなり進んでいるようで、掃除、洗髪などは面倒くさがってやろうとしません。

しかし歯だけは磨きます。

何をおいても、歯は必ず磨きます。

胃腸が丈夫なのも、歯がしっかり残っているからなんでしょうね~

こまめ

 

かんぴょう巻は・・・  12/8

今日は母を誘って、地元では美味しいといわれている回転寿司に行ってきました。

美味しかったですよ💛

今日は土曜ですので、ちょっと早めにサ高い住を出て、11:30頃に入店

待ち時間あり!  ゲゲッ!! もう待つの??

仕方ないので10分ほど待ち、席へ案内されました。

 

🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸

私 「久しぶりのお寿司だね~((´∀`))」 「何たべようか?」

母 「久しぶりだね💛」 「まぐろ食べたいよ」

 

私 「ほい!」

タブレットで注文です 「特上赤身」と「中とろ」ね

私は適当に好きなものを注文しています

お寿司が出てきて母はモグモグ食べています

私 「どぉ?  おいしいかなぁ???」

母 「うん!  おいしいね~」

 「ここの店、美味しいよ!」

私 (ほほぉ~  よかったよかった(^^)」

 「つぎは何が食べたいかな?」

母 「そうだねぇ、助六ないかしら?」

私 「助六が食べたいの?  巻きずしと、おいなりさんだよ?」

母 「うんうん」

メニューを調べましたが、普通の太巻きがありません

私 「あのね。 巻き寿司だけどね、ふつうのが無くてサラダ巻きってのしかないよ?」

母 「なにそれ? お寿司なの?」

私 「まぁね。  最近はいろんなのがあるんだよ」

母 「じゃ、おいなりさんがいいかな・・・」

 「それと・・・ かんぴょう巻きね」

私 「わかったよ~」

おいなりさんと、かんぴょう巻きが出てきました

母「おいなりさんは、いっこ食べていいよ」

 「かんぴょう巻きは美味しいね~ 私、かんぴょうが好きだからね!」

私(むむっ! おいなりさんは口にあわないかな?  かんぴょう巻きは気に入ったみたいでよかった!!)

(食べてみて、あ~ これは昔の甘くて味の濃いおいなりさんじゃないな・・・)

私「お味噌汁でも頼まない? 茶碗蒸しなんかはどう?」

母「おなか膨れてきたから、あさり汁がいいよぉ」

私「ほぃほぃ(^^♪」

母「そうそう、私かんぴょうが好きだから、かんぴょう巻きが食べたいよ」

私「ほぃほぃ(^^♪」・・・ えっ!

 (さっき食べたけど・・・)

私「かんぴょう巻きね、さっき食べたけど、また食べたくなっちゃったの?」

母「え!?  食べたかなぁ??」 

私「食べたかったら食べればいいからね((´∀`))」

母「じゃ、やめとこうかなぁ」

私「遠慮しなくていいんだよ?  おなか膨れたの??」

母「うん。 ごちそうさまでした(^^) 美味しかったよ」

私「うん。良かったね~ また来ようね!!」

という具合でして。。。

ちょっと心配しつつ、帰りに和菓子を2個買ってサ高住に戻りました。

健康に老いを重ねていってほしいなぁ・・・

こまめ

関連記事はこちらから