介護を考える

介護を考える|介護用品「シャワーチェア」|こまぶろ

2019.04.24.更新

ようこそ「こまぶろ」へ!管理人のこまめです。

日記でも書いたのですが、母からデイサービスでは頭を洗ってもらえて助かるが、サ高住のお風呂だと頭がうまく洗えないという話がありました。

どういう意味なのか最初はよくわからなかったのですが、いろいろ話を聞いてみると、いまの風呂椅子(一般的な風呂いす)だとこのような不都合があるようなのです。

 

 

お風呂で体や頭を洗う時に風呂椅子に座りますが

・座りにくい
・体が曲げにくい
・しっかり座れず転びそうだ

ということのようです。

たぶん、圧迫骨折の影響もあって前屈姿勢がとりにくいこと、加齢で柔軟性がなくなったうえ、頭を洗う時に目を閉じるため平衡感覚がおかしくなってしまうのが原因のようです。

高齢者用の「風呂椅子」は、業界では「シャワーチェアー」と呼ばれているようですね。

そこでシャワーチェアについて、いろいろ調べてみました。

シャワーチェアの効果

椅子(シャワーチェア)のタイプもいろいろあり、体の状態によって選べることから、体の応対に合わせて、体に適したシャワーチェアを選べば体の不自由な高齢者の方にとっては快適なお風呂タイムが過ごせそうに思います。

また独居などの高齢者の方には、お風呂で滑って転倒を防止するなどの効果も期待でき、体の症状が重くなってからではなく早期から利用を開始することをおすすめします。

 

私の母は要支援2ですが、もう少し早くから利用を開始したほうがよかったなと思っています。

シャワーチェアーの選び方

一般の風呂椅子に比べてシャワーチェアは大型になります。

そのため、浴室の洗い場の広さや出入り口の状況確認をし、現場にい適した大きさのものを選びましょう。

 

 

また浴室の扉が内開きの場合は、開閉時にシャワーチェアが引っかからないかどうかの確認も必要です。

浴室内にシャワーチェアを置いて、浴室内の移動に邪魔にならないかの確認もしましょう。
もし高齢者の方が入浴に際して介助が必要なら、介助者の方が動くことの出来るスペースの確認も必要です。

あまり狭くなると、介助者の方への身体的な負担が大きくなります。

今回、母に購入したのは「腰当」「肘掛」つきで折りたたみ式のシャワーチェアーです。
母には実際にシャワーチェアーに座って、頭を洗う姿勢をとってもらいどの椅子が使いやすいかを試してもらったのですが

・背当ては浴室内の移動に「邪魔」といことでNG。
・肘掛けは、かなり悩んでいたようですが、立ったり座ったりするときに助かるので「肘掛つき」を採用。
・腰当ては「安心して座れる」ということで腰当つきに。
・浴室が狭く、折りたためないと扉の開閉に支障が出そうなので「折りたたみ式」に。

やはり、本人が実際に座って確かめるのが大切ですね。

シャワーチェア利用をお勧めしたい方

①洗い場に腰をおろしづらくなられた方や、腰を下ろせなくなった方。

②介助が必要な方でも、洗い場でつかまり立ちができて椅子から立ち上がることのできる方。

③加齢によって筋力が低下した方。

④変形性膝関節症やリウマチ、半身麻痺、骨折などで立ち上がりが困難な方。

⑤ふらつきがあり転倒しやすい方。

母のために用意したシャワーチェア

アロン化成さんの 「楽おりシリーズ」→「ICフィット骨盤サポート」です。

母は圧迫骨折の為、背骨が変形してしまい椅子に正しく座ることができず、どうしても背後から見るとゆがんだ姿勢で座ることになってしまい一般的な風呂椅子では「座りにくい」と感じるようです。

母の身長は約140cmで、今回選んだシャワーチェアの座面の高さは32~42cmで調整できろことと、腰当(背当てではありません)がついていて骨盤がしっかりホールドされて安心感があるようなのです。

それと背当てがあると背骨にあたり、母は違和感を感じるようなので腰当て付つきを選んだ経緯があります。

座面に敷いてあるクッション材はポリエチレン製で、お尻への当たりがソフトで母はたいへん気に入っています。

このクッション材は母でも簡単に取り外せて、掃除もできるので良いと思いました。

皆さんへ

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

 

母の杖を用意したときも感じましたが、今回のシャワーチェアーを買って感じたことは「道具」を上手に使うことで、高齢者の生活の質はとても向上することを感じました。

第一歩は、高齢者の方に一番適した道具を選ぶところからだと思いますが、やはり本人に実際に試してもらって決めることが大切に感じます。

今回、私が購入した製品のメーカー様のカタログをみつけましたので興味のある方は参考にしてくださいね。

アロン化成様 介護用品カタログ

この記事が皆さんのお役に立ちますように。

こまめ

 

関連記事はこちらから