ペット

猫砂の種類と特徴【大切な家族のために】こまぶろ

2019.04.06.更新

ようこそ「こまぶろ」へ!管理人のこまめです。

我が家には3代目の猫(つきみ)がいます。2歳のミックス猫で体重は6kg超・・・ちょっとデブってるかも。本人ならぬ本ニャンは全く気にしてませんけどね(アタリマエカ・・・)

彼女(つきみ)とのお付き合いの中で気になるのが食事・トイレ・遊びの3項目です。

ここではトイレ。 というより、猫の砂についてお話しようと思います。それと最近よく目にするシステムトイレについてもお話ししようと思います。

脱線

やっぱ・・・ペットってイイヨネ!

私は犬派(中でもフレブル派)だけど、つきみのおかげで猫も大好きになっちゃいました(強く噛まないでほしいけど・・・)

「つきみ」は人間と一緒で、食事は1日に3回とります。
体重から換算して必要な量のごはんを一日分計量して、それを3回に分けて与えているわけです。
我が家のスタンスは基本ペットも人間も一緒なんですよ。

さてそんな「つきみ」は、一日に平均してオシコ2~3回、ウンチ1回します。
猫砂を捌いてトイレの掃除をしますが、これは朝夕2回、毎食後に行っています。

「つきみ」はキレイ好きなので(猫は皆キレイ好きだと思いますが)トイレがキレイだと気持ちよく排便ができ、とても健康的な生活ができるんじゃないかな~という考えで1日2回のトイレの掃除を行っているんですよ。

本題に戻って
さてそうなると猫砂が大切なポイントになってきますよね。
では、どんな猫砂を選んだら良いか? それには、猫砂の種類と特長を知っておく必要がありますね。

管理人
管理人
しかし、つきみは快食快便快眠をキッチリ実行してるね~ウラヤマしいよ!。
つきみ
つきみ
そうかい? 自分じゃそんなに意識してないけどさ・・・できればもうちょっとご飯を増やしてほしいんだけどね? ダメ?
管理人
管理人
ダメ! そのおなかのプリプリを何とかしたら考えるよ。

それに、ここじゃ君のトイレの砂の話だからね

つきみ
つきみ
はぁ~ぃ

猫砂の種類

鉱物系(ベントナイト)

つきみ
つきみ
鉱物系の砂は、公園の砂場にある砂に感触が似ていて一番触り心地がいいにゃん!シャカシャカかき回すには鉱物系の砂が一番好き!

他の猫砂の素材と比べて、粒は1番細かく普通の砂のようです。

自然の砂に近い状態で、オシッコがかかると吸収してベタベタした粘土質になりますが、乾燥するとカチカチになって処理しやすいのが特長です。

固まった砂はトイレには流せませんのでビニール袋などに入れて燃えないゴミとして出すのが一般的ですね(自治体によっても処理方法が変わってきますので事前に確認してから捨てましょう)

重量があるのでお店から家まで持って帰るのは大変ですね。女性の方でしたらネット通販で購入した方が良いかもしれません。

デメリットとしては重いことと、砂をかくと粉塵が舞い、器官系が弱い猫や飼い主には適さないと言われています。ただ最近ではずいぶん改善もされた製品があるようです。
ベントナイトの粉塵が鼻や喉の粘膜につく事で、刺激を受け炎症を起こす可能性もあり肺に入った場合、肺の中に貼り付く事で肺の細胞が繊維化して柔軟性を失い、呼吸機能が低下したり、心疾患に結びつくこともあるようです。

私はもともと鉱物系=重金属をいったイメージが強く、また以前いたワンコ(こまめ)たちもアトピー体質でしたので鉱物系は使っていませんよ。

紙系(パルプ)

つきみ
つきみ
私は余計な匂いがキライ。猫によって匂いをに気にするようなら無臭タイプを選んでね

紙系の猫砂は主原料に紙を使用しており再生パルプを使っているものも多いので環境にも優しいですね。トイレに流せるタイプも多くゴミで出すのが嫌な方にはおすすめです。猫の便尿は夏場は独特の臭いが出ますので、トイレですぐ流せてしまうのは助かります。

粉は出にくいのですが、トイレの底には多少の粉は溜まります。

オシッコが掛かると色の変わるタイプが多いので、トイレの掃除の時には助かります。
紙自体には香りがありませんので様々な香りをつけたものや、逆に無香のものもあります。

私的には香りが苦手な猫もいるので(我が家のつきみも臭いはダメです)無香タイプがオススメかも。

紙系は、どちらかといえば固まりにくいタイプの砂が多いのですが、最近ではうまく固まってくれる砂も出てきましたので重宝してます。
紙製のため、粒が軽く飛び散りやすいですね。(トイレから出たとき手や足をピピッ!てしないでほしい・・・)

私はずっと紙系を使ってますよ。

 

おから系

つきみ
つきみ
おからでできた砂は独特の匂いがあって何とも言えなかったね。一瞬食べ物のような気もしたりしてね~  食べなくてよかったよ

おからで出来た猫砂ですが人の食品の副産物ですので安心感がありますよね、ただ防腐剤を使用した製品もあるので食べちゃダメです。
私のところは猫(つきみ)た食べちゃいそうで、一度使ってやめています。悪食な猫には向かない?かも??

おからの猫砂は固まりやすいので処理がしやすく、水に溶けるのでトイレに流せます。また燃えるゴミとしても処理することができます。

おからには独特の臭いがあり、おからでできた猫砂にもその臭いはある程度残っています。猫は人間よりずっと嗅覚が優れていて、人間があまり気にならなくても嫌がることがあります。猫が砂の臭いを気にするようなら他の猫砂へ切り替えた方がいいですね。

また食品(おから)が主原料になっているためか、特に暑く湿気の多いい時季などは虫がついたり、カビが生えたりすることがあります。特に梅雨・夏場は猫の排泄物はこまめに取り除くようにし砂の入れ替えも早めにしましょうね。

猫砂の天日干し

私は天気の良い日は、猫砂を天日干ししてカリカリにしてあげますよ。砂も暖かくなってカリカリで猫(つきみ)も喜びます

 

木系

つきみ
つきみ
木の猫砂は管理人(こまめ)が時々使うけど、私的には紙の砂よりは使用感は良いよ。 檜のチップでできた砂なんかはホンノリ檜の香りがするね

木系の猫砂は木材資源で活用できなくなったオガクズやチップを主原料にし、これを木の粉にして固めた物です。環境にも優しい製品ですね。
最近ではよく固まる製品も多く、私も時々使いますが、紙製に比べると重いのでいまひとつ切替えられません。
原料が木ですから燃えるゴミで処理できますね。

脱線

以前、我が家の畑で「どのくらい燃えるんだろう?」と思って、おしっこのついて乾いた木系の猫砂を茶碗一杯位燃やしてみましたがなかなか燃えませんでしたね。よほど高温じゃないと燃えないね。

桧を主原料にした製品もあり脱臭効果の期待できる製品もあります。

木製には、おしっこで固まるタイプ、砂のようになるタイプなどがの種類があります。トイレに流せるか流せないかは商品によって違いますが多くは燃えるゴミで出せると思います(自治体により違いがあるので必ず確認して下さいね)

 

 

炭系

つきみ
つきみ
1年ほど前に使った炭系の砂は、歩いた感触が鉱物系に似た感じで好きだったんだけどね~ だけど肉球がちょっと汚れるって言って管理人(こまめ)が使うのをやめちゃったみたい・・・。最近のは改善されてるのかな?

炭系の猫砂は脱臭力がウリになっている製品が多いですね。確かに脱臭力が優れていると思いましたが、最初は臭いは感じないのですが次第に臭いを感じるように・・・早目の砂の交換が必要なのかもしれません。

以前私が使ってみたときは、ちょっと猫の肉球が汚れる・おしっこの固まりが悪い(固まりますが、しっかり固まりきらない印象)・トイレの周りが汚れやすい印象がありました。
私は猫の肉球をクンクンするのが好きなので、色々考えた結果紙製に戻しちゃったんですけどね。

原材料は炭のように思えるんですが、実際は木炭・鉱物(ベントナイト)も含まれていてホコリが舞うので、それも私が炭系の猫砂を避けた理由でもあるんですが・・・。
使用後の猫砂は燃えるゴミには出せるようですがトイレに流せない製品もありますね。

 

シリカゲル系

つきみ
つきみ
シリカゲルの猫砂は使ったことがないよ。 よく聞くシステムトイレでよく使われる猫砂みたいだよね。管理人(こまめ)は手抜きのお世話はしないって言ってるけど、試しに使ってみればいいのにね。

主にシステムトイレ(すのこのついた2段式になったトイレ)向きの猫砂です。
シリカゲルでできた砂自体がおしっこと匂いを吸い込み、吸いきれなかったおしっこは、すのこの下に設置したシーツで吸収するといったシステムトイレに適した猫砂ですね。

よくある猫トイレ(箱タイプのトイレ)で使うと、シリカゲルで吸いきれなかったおしっこが底にたまる事があるようです。

埃はたちにくく消臭力は強いのですが、吸収したおしっこの量がある一定を超えると独特のいやなニオイを放つので、そうなったら替え時です。
重量は軽いのですが、トイレには流せないので、燃えないゴミで出しましょう。

 

穀物100%

つきみ
つきみ
穀物100%の砂は聞いたことはあったけど使ったことはないね。砂を食べるつもりはないけど誤って食べても大丈夫なのかな?

原材料はアルファルファ(マメ科の植物)とかコーリャン(トウモロコシの仲間)といったものを使用した猫砂のようです。
アルファルファなどは、もやし状のものを人間が食べたりしますよね。

固まる成分などの化学物質を一切使用しない100%天然というのがウリの猫砂でコストは高いのですが穀物100%の猫砂を支持する方も多いようです。
使用後は燃えるゴミとして廃棄するか、肥料として利用できるものもあるようです。

 

システムトイレ

 

二段構造になっていて、プラスチック製のトレー(底)に専用のシートを敷いて使い、トレーの上にはメッシュの状のサナがあり、ここにペレットか猫用の砂を入れて使います。
猫が尿をすると 臭い・尿 などをサナにある猫砂が吸着し、吸着し切れなかった尿を下段のシートが吸い取るという構造ですね。

猫のシステムトイレに使用する専用のシートには尿の臭いを緩和する消臭作用があり、猫1匹分の尿なら数日分の量でも吸収してくれるようです。そのためトイレの掃除は週に1度のペースでも問題ないとのことです。定期的なシートの交換も手軽にでき上段で使用する猫砂も選んで砂を選べるところも良いですね。

週に1回程度の掃除で良く、手間がかからないため単身者とか、あまりお世話のできない人向けかな?

ただ猫の尿の匂いが緩和されのですが完全に臭いを消せるというものではありませんし、排便の場合はシートには吸収しないので毎回取り除く必要があります。

システムトイレは、私にとっては手抜きトイレですね。
私にとってペットは家族であって、しっかり世話をしたいという考え方が基本にあります。1週間近くも掃除しないトイレなんて猫が可哀そうだ。という思いが強いので否定的な論調に・・・ならないように・・・ なってるか!? ゴメンネ
システムトイレはペットに手間をかけられない人に適したトイレですね。私は使いません。

 

私(こまめ)の猫砂選び

1.コストが低いこと

やはりね~安い方がイイですね。コストが安ければ、砂も頻繁に交換してあげられ清潔に過ごせますよ。
いつも単位(g)あたりの単価で比較検討してますよ。

 

2.しっかり固まること

これ重要!
コロン!と固まってオシッコを残さず取ってあげたいですね。おしっこの染みた粒が残ると不衛生で健康にも良くないです。
しかし、比較的固まりにくい紙砂でもしっかり固まる製品、固まりにくい製品など実際のところは製品によって違いますね。
ちなみに肉球をクンクンするときも気になりますよね?

私は気になる!ん?肉球の匂いなんて嗅がないって??

 

3.軽いこと

週に2度あるゴミ出し。3~4日分の猫砂の廃棄分がたまると案外重くなります。それと買って持って帰る時も軽いほうがいいですね。

 

4.臭いの吸着力がしっかりあること

私はこれはあまり重要視していません、毎日2度ほどはトイレの掃除をしているし、排泄物の臭いって猫砂を多めに入れておけば猫たちはキッチリ隠してくれますからね。
猫砂・・・ケチったらだめだよ。

しかし、匂いの吸着力はしっかりあったほうが良いですよね。

 

5.飛び散り

これは猫が用を済ませ、トイレから出たときに指の間とか肉球の間に猫砂を挟んで出て、ピピッ!!と手とか足を振って散らかします。
まぁ猫砂でどうこうではなく、マメに掃除しましょ。

 

私の優先順位は 1 → 4 です!  5は番外で。

 

実際に売れている製品を見てみましょう

 

猫砂売れ筋ベスト5で検索
2018.10/15調査 価格は変動するので掲載していません

素材別の人気がわかるかな?と思って調べてみましたが、残念ながら傾向を特定することはできませんでした。
多分、価格と飼い主さん個々のペットの飼育状況・好みなどが多岐にわたり、皆さんの飼育環境に合わせた選択がされているように感じます。

私、個人的には

・紙砂を好んで使います
理由は、安価、軽い、良く固まる製品も多くなってきている といった理由です

・新たに使ってみたいなと思うのは
おからの砂(防腐剤が使ってないのがあれば)、穀物100%の砂ですね。猫(つきみ)にも飼い主の私たちにも悪影響がなさそうだからです。

・使用を戸惑うのは、鉱物系、炭系です
よほど改善されているとは思うのですが体への影響を心配するからです
皆さんは、いかがでしょうか?

 

以下、上の表のベスト5の明細です。

参考になるようでしたらご利用くださいね。

※実際には箱売り(4袋で〇〇円)のようなものも含まれていましたが、製品自体を比較したかったので単品の紹介をしています。

amazon

1位【木系】

ライオンニオイをとる砂 5L

JAN:4903351011250

 

 

ガッチリ固まる鉱物製の猫砂。消臭・抗菌力がパワーアップ。
オシッコやウンチのニオイを瞬間強力消臭。
さらに時間とともに発生するアンモニア臭も長時間抑制。
粉が舞いにくいので、お部屋が清潔に保てます。

 

2位【木系】

花王 ニャンとも清潔トイレ 脱臭・抗菌チップ 大きめの粒 4L

JAN:4901301258540

 

システムトイレ各社共通
ウンチと尿のニオイをしっかり閉じ込める。
ウンチをしたとき さらさらのチップがニオイを脱臭、針葉樹の香りが長続きします。
チップは尿で固まらないから、取り除く手間なし。
尿を残さず、いつでもさらさらをキープ。
素材が木材だから、粉が舞わない。
大きめの粒チップは、肉球にはさまらない形状なので、部屋に飛び散りません。
愛猫が砂かきをしても、トレーの外に出にくいタイプです。
小さめの粒チップは、砂かきしやすく、ウンチにもかけやすいタイプです。
極小の粒チップは、猫砂のように、ざくざくかけるタイプです。
お好みに合わせて粒の大きさを選べる。
香料・抗菌剤無配合。
燃えるゴミとして処理できる。

 

3位【木系】

常陸化工 トイレに流せる木製猫砂 6L

JAN:4952667143551

 

 

木の消臭効果と、固まり効果で臭いをとじこめ、ひのきの香りがお部屋をさわやかにします。しっかり固めてくずれないから、お掃除が簡単で衛生的に処理できます。原料が木の粉だから、ご使用後は燃えるゴミとして処理できます。森林資材を再生利用した環境にやさしい商品です。軽くつくってあるので、持ち運び便利で処理カンタン

 

4位【鉱物】

ライオンニオイをとる砂 リラックスグリーンの香り 5L

JAN:4903351002029

 

 

24時間ニオイ菌をパワフル抗菌※、1日中ず~っと消臭!
ガッチリ固まる鉱物製の猫砂。消臭・抗菌力がパワーアップ。
オシッコやウンチのニオイを瞬間強力消臭。
さらに時間とともに発生するアンモニア臭も長時間抑制。
オシッコやウンチのイヤなニオイをさわやかな香りに変える独自のハーモナイズド技術採用。
猫が大好きなハーブの香りをブレンド、嫌がらずに落ち着いて排泄できます。
粉が舞いにくいので、お部屋が清潔に保てます

 

5位【おから】

常陸化工 おからの猫砂グリーン6L

JAN:4952667143513

 

 

おからから作られた、天然素材の猫砂です。固まって臭いを取ります。水洗トイレに流せます。コンポスト堆肥化で再利用もできます。燃やせるゴミに出せます。ペレットタイプで散らかりにくいおからの臭いを抑えたグリーンタイプ

 

 

価格com

1位【シリカゲル】

ユニチャーム 1週間消臭・抗菌デオトイレ 飛び散らない消臭・抗菌サンド 4L

JAN:4520699680568

 

約1ヶ月交換不要(※)の「消臭サンド」はオシッコをサッと下層に通過させ、オシッコが固まらないので、取り除きがいらずお手入れカンタン(※)愛猫1頭(体重8Kgまで)の場合猫ちゃんの手に挟まりにくい大きさで、飛び散りにくく、お掃除もラクラク(※)デオトイレ取り替え専用消臭サンド(シリカゲル丸粒タイプ)比
粉立ちカットコーティング採用

 

2位【鉱物】

ライオン ニオイをとる砂 5L

JAN:4903351011250

 

 

ガッチリ固まる鉱物製の猫砂。消臭・抗菌力がパワーアップ。
オシッコやウンチのニオイを瞬間強力消臭。
さらに時間とともに発生するアンモニア臭も長時間抑制。
粉が舞いにくいので、お部屋が清潔に保てます。

 

3位【紙】

ユニチャームデオサンド 複数ねこ用紙砂 10L

jAN:4520699667972

 

 

大量のオシッコでも長時間強力消臭(愛猫2頭・体重8kgまでの尿量の場合)しっかり固まり崩れにくいので、サッとお手入れができます。

 

4位【紙】

ユニチャームデオサンド ギュッと固まる紙砂 5L

JAN:4520699667231

 

 

オシッコの嫌なニオイもしっかり消臭するので、取り除きのニオイも気にならない。
オシッコで濡れた部分が青く変わってしっかり固まるので取り除きがカンタン!燃やせるゴミとして処理できます。

 

5位【鉱物】

ユニチャームデオサンド オシッコのあとに香りで消臭する砂 ナチュラルソープの香り 5L

JAN:4520699651681

 

 

しっかり固まり崩れにくいので、サッとお手入れができます。
小さく固まるので使用量が少なく経済的。毎日のゴミの量も軽減

 

 

楽天

1位【紙】

アイリスしっかり固まる紙の猫砂7L

JAN:4905009714353

 

 

おしっこのかかった部分だけしっかり素早く固まり、ムダが無く経済的です。
しっかり固まるのでスコップですくった時に崩れにくくなっています。
紙を主原料にしているので、使用後はトイレに流すことができます。燃えるゴミとしても処理できます。
分解中和消臭+抗菌効果の2つの力で臭いを閉じ込め雑菌の発生を抑えます

 

2位【鉱物】

エバークリーン[小粒・微香タイプ]6.35kg

JAN:4959283036045

 

 

とにかく臭いがすぐに消えます。 猫もそれが分かるため、この砂しか使わなくなりました。(今ではもう他の砂は買っていません。) しかもキレイに固まるので、取り残しも少なく、全部入れ替える必要がありません。(他のメーカーの砂は、取り残しが出るため、時々全部入れ替えないと臭いが気になってきます。)

 

3位【おから】

猫砂 おから トフカスサンドK / トフカスサンド

JAN:4997438711119

 

 

厳選された油脂分の少ない良質のおからだけで作ることにより、おからのニオイを抑え、より固まりの強い猫砂に仕上げました。使用用途:猫トイレ砂使用対象:猫主な適合種:制限なし体重:制限無し●目安量:0.1L/回

 

4位【木】

ひの木の猫砂(7L)【オリジナル 猫砂】[快適ねこ生活]

JAN:4560132924446

 

 

おしっこがすぐ固まりますので、固まった部分のみ処分できます。
ひの木のオガ等が主原料ですので、焼却処分が出来ます。
天然ひの木を使用していますので、自然で強力な消臭・抗菌効果があります。
天然ひの木ですので、香りでペットの森林浴効果があります。

 

5位【木】

猫砂 木質ペレット 33L (20kg)

JAN:4560132924477

 

ヒノキ/【木質ペレット 猫砂(ペレットストーブ燃料)の商品詳細】フィトンチッドによる消臭効果木質以外の添加剤不使用欧州アカマツ スプルース使用

細かな商品情報を知りたい場合は、JANコードで商品検索してくださいね。また、念のためメーカーの公式ページで詳細情報をご確認いただくようお勧めします。

いかがですか? 

皆さんの参考になれば幸いです。

皆さんへ

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

猫砂は素材の種類が多く、また製品の種類も多いので選ぶときにとても迷いますね。

私は売り場に出向いて、製品自体を手に取って説明を読んで選びたいのですが、持ち帰る時が大変ですので、ネットで購入する場合もよくあります。

今回調べた3つの通販サイトのベスト5で同じ商品が1つしかないのは驚きでした。

もっと人気は集中してるような気がしてたのですが・・・?

時々、人気商品を調べてこの記事をリライトしようと思っていますのでよろしくお願いします。

大切な家族のネコちゃん。 かわいがってあげてくださいね。

 

2019.01.11.

このブログを書いてからしばらく経ち、猫砂もいろいろ使い分けてみましたが、私はやはり「紙の砂」が一番好きですね。

尿の固まり具合も申し分なく(以前は固まり具合が悪かったのですが、最近の製品は良好なものが多くなってきました)、臭いもしっかりとれているように思います。

それに何より安く済むのがいいですね

皆さんのお宅は、いかがですか?

 

2019.04.06.

今でも猫砂は紙製のものを使っています。

最近思ったのですが、どんな猫砂でも家の中で使い続けると湿気ってきますよね?

最近では週に2度ほど、猫砂を陽に干すようにしています。

天気の良い日だと1~2時間も干すとサラサラ・パリパリになってイイ感じでです。

我が家の「つきみ」も気持ちが良さそうでした (^^)

 

この記事が皆様のお役に立てますように。

こまめ

 

関連記事はこちらから