旅行記

こまぶろ旅行記|鎌倉&横浜中華街 ー横浜中華街ー |2019年2月

2019.03.31.更新

こまぶろ旅行記|鎌倉&横浜中華街 ー鎌倉ー の つづきです

鎌倉駅から横浜中華街へ

小町通りと鶴岡八幡宮を回ってから横浜中華街に向かいましたが、その前にお土産を買いこ.みました。

私もFkちゃんも皆大好きな豊島屋さんの「鳩サブレー」です。

皆さん、鳩サブレーお好きですか?

私。 大好き! (^^)

 

■鎌倉駅前  👇👇👇

横浜中華街に向かって移動です。

先にも書きましたが、鎌倉駅周辺で丸一日使って観光するのもありだと思いますよ。

次回、また機会があって鎌倉に来ることがあれば「ゆったり鎌倉プラン」でも考えてみようかなと思っています。

さて。

鎌倉駅から横浜駅経由で「元町・中華街」駅に移動します。

 

■横浜駅に到着!  👇👇👇

 

横浜駅で「みなとみらい線」に乗り換えて「元町・中華街」駅に向かいます。

横浜駅構内はとても人が多かったのですが、みなとみらい線のホームに行くと人がかなり少なくなった印象です。

ゆったり席に座って移動できたのは助かりましたね。

私たちは観光気分でしたが、周囲を見渡すと観光客のような方は少なめ・・・

曜日? 時間? 的なことからなのでしょうかね?

きっと土日は観光客が増えるのかな???

 

元町・中華街駅に到着! 

ストレスなく「元町・中華街」駅まで到着!

地上に上がる時に、どの出口から出るのが良いか迷いましたが、よくわからないまま4番出口から地上へ。

結果、大間違いでした。

まぁ、そのおかげでホテルまでの道のりを少し楽しめました。

エスカレーターから出口を見る限り、普通の地下鉄の出入り口ですね・・・。

 

■地下鉄出口にあった案内地図  👇👇👇

地図左下の上矢印が地下鉄から出たところですね。

上の赤く囲んだところが中華街、下の赤く囲んだところが宿泊先のホテルです。

地下鉄4番出口から南下して宿泊先のホテルに向かいます。

 

■元町・中華街駅 北側  👇👇👇

元町・中華街駅の北側には横浜港があり山下公園、大さん橋などがあります。

私たちは元町・中華街駅から北上し「マリンタワー前」の信号を西へ折れて宿泊先のホテルに向かいました。

横浜マリンタワーも、以前なにかの記事で目にとまった記憶がありますね。

■4番出口を出て北へ向かいます  👇👇👇

■横浜マリンタワー  👇👇👇

 

昭和36年に完成して以来、街のシンボルとして港の発展を見続けてきた横浜マリンタワー。という説明がありましたが、私などは山下公園や赤レンガ倉庫のイメージが強いですね。

タワーに上ってみようかな?とも思いましたが、今回は外観を眺めるだけにしておきました。

開業日 昭和36年1月15日
所在地 横浜市中区山下町15番地
全長 106m
展望階高さ 94m
総重量 12,000トン
敷地面積 約3,600平方メートル
建築面積 約1,000平方メートル
延床面積 約4,400平方メートル(低層部4階、展望台2階)

 

 

■マリンタワー前信号から西へ  👇👇👇

街路樹が整然と並び、右手には山下公園、そして山下公園の更に右手には横浜港。

ちょうど氷川丸を見ながら歩けますので、私にとっては実に「横浜らしい」ルートでした。

「横浜」にもつイメージは人それぞれでしょうが、私にとっては「おしゃれ」「洗練」といった言葉がぴったり。 画像的にはこの通り(なんていう名前の通りなのでしょう?)が横浜のイメージにぴったりでした。

 

宿泊先に到着

ホテル モントレ横浜さんに投宿です。

一般的なシティホテルですが可もなく不可もなく。

中華街、山下公園、赤レンガ倉庫へのアクセスを加味するなら最高の立地ですね。

フロントの方の対応も申し分なく、素泊まりでしたがたいへん満足のできるホテルでした。

PS:Fkちゃんからの指摘。

浴室にピンクカビが発生していたとのこと、ご確認を。

🌸🌸🌸🌸🌸

さて、部屋で1時間ほどまったりしながら、Fkちゃんと中華街の攻略についてそうだんです。

二人とも初めての中華街!

怖いところはないよね?

変わった中華街らしいお店はあるだろうか?

紹興酒の品ぞろえの良い酒屋さんはあるかな?

中国茶の専門店はあるのかな?

などなど。 イロイロです。

■部屋  👇👇👇

■氷川丸  👇👇👇

■大さん橋  👇👇👇

大型客船が停泊中でした。

いつかは船旅もしたいものですね~

船旅なら、シニア層に人気と聞いている「にっぽん丸」でしょうかね?

中華街に向けて出発

さてホテルでマッタリしてから中華街に向けて出発です。

出発は16:00頃。

夕食は18:00で予約済ですので、早めに出発して中華街の雰囲気を満喫したいところです。

2時間あればゆっくり回れるかな?

中華街到着

定番の朝陽門から中華街へ入っていきます。

簡単に回った場所を地図にしてみましたが、まだまだ細かく歩けそうでしたね。

だけど、初回の中華街訪問としてはこんなものかな?

自宅に帰って、このブログを書きながら調べて知ったことですが、横浜中華街のシンボルともいえるのが、各所にある10基の門「牌楼」(パイロウと読むそうです)のようです。

外周にある4基は、東の「朝陽門」、南の「朱雀門」、西の「延平門」、北の「玄武門」とのこと。

考えてみれば陰陽などの本を読んだときに、このような記述がありましたね~。不勉強を反省です。

今回、私たちは東の朝陽門からはいったことになりますね。

残りの6基は天長門、地久門、西陽門、善隣門、市場通り門(2基)とのこと。

う~ん。。。 下調べ不足がバレましたね 。

これから横浜中華街へ行かれる方、しっかり下調べをされることをお勧めします。

 

■①朝陽門  👇👇👇

東の青龍が守る門ですね。

色は「青」で日の出を迎える門。朝日が街全体を覆い繁栄をもたらすといわれています。2003年2月1日に牌楼が落成し、高さ13.5メートル、幅12メートルで中華街で最大の門です。

 

■②天長門  👇👇👇

三国志で有名な関羽を祀る関帝廟に通ずる東側の入口ですね。門の東側から見ると「関帝廟通」となっています。

三国志や関羽の好きな方は、ぜひ関帝廟へいってみましょう。

 

■③天后宮  👇👇👇

天后宮について調べてみました。

天后宮は横浜媽祖廟(よこはままそびょう)を指し、媽祖(まそ)をまつる祠廟とのことです。

媽祖は、北宋時代に実在した福建省・林氏の娘であり、生まれて1か月も泣き声をあげなかったため、『林黙娘』と名付けられたが、小さいころから才知に長け、10歳のころには朝晩の念仏を唱えるようになるなどした。28歳のときの9月9日、修行を終えて天に召され神になり、海上を舞い難民を救助する姿が見られたとされ、人々は廟を建て護国救民の神として祀るようになり、その神通力は国中に知られることとなって歴代の皇帝も諡号で敬意を表するようになった。その後、航海を守る海の神のみならず、自然災害や疫病・戦争・盗賊などから護る神として中国・台湾のほか華僑が住む世界各地で信仰されている。

ウィキペディアより引用

 

■④朱雀門  👇👇👇

厄災をはらい、大いなる福を招く。守護神は朱雀神。色は赤。

名前だけからすると「朱雀」っていい響きですね

 

■⑤會芳亭  👇👇👇

「會芳亭」関帝廟通りにありますね。

調べてみると中華街の山下公園にある「まちの広場」「子供の遊び場」といった所のようです。

日向ぼっこするのにいいかもね (^^)

 

■⑥関帝廟  👇👇👇

いわずと知れた「関帝廟」ですね。

 

詳しくはこちらを参照ください。

 

横浜中華街に行かれるならぜひ訪れてほしいところですね。

 

■⑦地久門  👇👇👇

 

天長門に対し、関帝廟に通ずる西側の入口ですね。門の西側から見ると「関帝廟通」となっています。

 

■⑧ 善隣門 👇👇👇

この門は東側から見ると「親仁善隣」西側から見ると「中華街」としてあります。

親仁善隣の意味がわからなかったので調べてみましたが、意訳すると「全ての人と等しく親しく仲良く」と言う意味ということのようです。

本来は「親仁善隣 国の宝」という一節で「周囲の国や人と等しく仲良く」という意味だそうです。

う~ん。 意味が深いですね。

門の名前は下 👇 の写真の柱にありますね。

 

⑨ ちょっと、ひと休憩  聘珍茶寮  👇👇👇

初めての中華街。

上を見たり、横を見たり、お店の中に入ったり、スマホでGoogle Mapを見たり、写真を撮ったり。

ちょっと疲れたので聘珍茶寮さんで一休憩です。

後で書きますが、この日の夕食はちょっと奮発して今まで食べたことのない、中華料理のコースを食べるつもりで予約をしていました。

自分なりに調べて探して、最後に残ったのが萬珍楼さんと聘珍楼さん。

このお店は聘珍楼さんの経営する喫茶なのかな?

こちらのお店は、料金先払いでしたね。 ちょっと戸惑いましたが良い経験でした。

 

⑩萬珍楼  👇👇👇

夕食はこちら萬珍楼さんでいただきました。

上に書いた通り、下調べをして予約を入れて来ましたが最後までこの萬珍楼さんと聘珍楼さんの2軒で迷いましたね。

結局は口コミを読んで、私の嗜好に近いお店の萬珍楼さんにしましたが、お料理の内容なんかは大きく変わらない気がしました。

萬珍楼さんに入店する前に、少し気になったお店に戻ったりして予約時間の18:00より少し早い17:30にお店に入りました。

受付では、早めの到着でも気持ちよく迎えてもらえました。

では、お料理です。

初めての広東料理のコース料理です。

お店の紹介では

「広東料理の醍醐味は、食材の持つ本来の味を、いかに引き出して調理するかです。
萬珍樓では、中国・広東省の料理法をもとに、化学調味料を加えず、トレーサビリティ食材のみを使い、海鮮、肉、野菜の料理をはじめ、萬珍樓専属パティシエによるオリジナル中華デザートを提供いたします。」

と書かれており、とても期待大ですね (^^)

萬珍楼さんでの夕食

メニュー 👇👇👇

前菜  👇👇👇

ついつい写真を写す前に食べてしまいました m( _ _ )m

ふかひれの姿煮  👇👇👇

本格的なふかひれスープは初めていただきました。

薄味の味付けでサラッとしてましたね。ふかひれはコリコリしていて、こういうものか!?といった感じでした。

紹興酒  👇👇👇

生ビールを一杯いただき、紹興酒を次に頼みました。

紹興酒は何を飲んでも酸っぱさが先に立ってあまり好みではないのですが、雰囲気で頼んじゃいました。 やっぱり、酸っぱかった・・・。

エビと白身魚の二種盛り  👇👇👇

チリソース味の白身と、レモン味のエビですね。

チリソース味の白身は私のお好みでしたね、レモン味のエビはどうなんでしょ?私的には好みじゃないかな?

豚とブロッコリーの香りいため  👇👇👇

優しい味付けでしたね~、付け合わせのネギも美味しかったですよ。

鮑のニンニク絡め  👇👇👇

以前にもどこかで食べた記憶がよみがえりました。どこだったかな?

とても美味しかったのですが、私的にはパン粉のパサつきが気になるところ。なにかもっと良い調理方法はないものでしょうか?

窯焼き北京ダック  👇👇👇

スタッフの方が、窯からペキンダックを取り出して切り分け、パンにくるんでくれます。

パンもモチモチで美味しいのですが、おかわりできないものかと・・・  無理かな?

チャーハン  👇👇👇

美味しいチャーハンでした。

今日のメニューの中では 私的には 一番美味しかったです。

萬珍楼さんを利用する場合は、チャーハン必須でしょう。たいへん美味しかったです。

デザート  👇👇👇

お料理がどれも油っこくなく、サラっとしていたのでデザートはどうかな?と思いましたが無難にまとめた感じです。

サラッといただけました。

結婚記念祝い  👇👇👇

予約を入れたときに、結婚記念も兼ねてうかがう旨伝えてあったためか、お店からのプレゼントがこれです。

たいへん美味しいお饅頭でしたね。

お料理も美味しかったのですが、スタッフの方の笑顔が素敵でした。ごちそうさまでした。

 

総じて、私がイメージしていた「中華料理のコース」ではなく、洗練された印象を受けました。

雰囲気、スタッフの方の接客、清潔さ等々かんがえてもお値段なりに満足できたという感想です。

今回は、写真撮影を控えましたが 素敵な女性の琵琶の生演奏、男性のピアノ演奏も良かったですね。演奏に合わせた生歌があるともっと良かったな・・・。

 

夕食後の散歩

萬珍楼さんに入店するときは、まだ明るかったのですが、食事を終えて出るともう真っ暗!

夜のほうが中華街の雰囲気が出てると思いますね。

ちょっとお酒が入ってるせいか、ちゃんと写ってないかもしれませんがお許しを。

中華街の夜①  👇👇

中華街の夜②  👇👇👇

このあと、少し散歩の後宿に帰って就寝~

 

さて、翌日は中華街での朝食&朝レンガ倉庫です!

鎌倉&横浜中華街 ー赤レンガ倉庫ー に 続く・・・

関連記事はこちらから